読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグワン新トゥルーパーは海専門。新たなAT-ACTもヨロシクです。

ロンドンで7月に開催されるスターウォーズ・セレブレーション。その公式ポスターが発表されました。スターウォーズ・エピソード8とローグワンのコラボっていうこれはテンションの上がる感じに仕上げげてきましたね。で、同時に正式発表されたローグワン情報もありますので紹介します。

 

f:id:jonie:20160527152151p:plain

↓ちなみにフルショットだとこんな感じでファルコンも入ってます。LONDONの「L」と「O」を表現してるんですかね。

f:id:jonie:20160527153040j:plain

↓で、これこれ。このトゥルーパー。名前は「SHORETROOPER」らしいです。

f:id:jonie:20160527152129p:plain

直訳だと「海のトゥルーパー」っていう意味。確かにリーク写真や予告編でも海写ってたのね。海近辺での戦いが見られそうですね。何かローグ・ワンではノーマルなトゥルーパーがこれまで以上に脇役感出てますねw

↓ちなみにこちらもローグワンデビューの「デス・トゥルーパー」。めちゃくちゃ強そう。

f:id:jonie:20160527152929j:plain

↓AT-ACT。こちらもローグワンデビューの新たなウォーカーです。

f:id:jonie:20160527152230p:plain

AT-ACTはAll Terrain Armored Cargo Transportの略で日本語では全地形対応装甲貨物トランスポートっていうイメージ湧き辛い感じです。

とりあえずAT-ATの類似機種はこんな感じ↓

AT-TE ( All Terrain Tactical Enforcer )
AT-ATの直接の祖先にあたる共和国軍の主力歩行兵器。クローン戦争期のジオノーシスの戦いなどで投入されており、ずんぐりとした胴体に本体前面に固定式のコックピット、上面の旋回砲塔、6本の脚を備え、昆虫のようなスタイルを持つ。AT-ATよりはかなり機体規模が小さく、装甲は備えるもののミサイル1発で撃破されるシーンもあり、戦車というよりは装甲兵員輸送車に近いコンセプトの兵器である。操縦にはパイロット1名、監視員1名、レーザー・キャノンを操作する補助メンバー4名が必要となり、更に7番目の乗員が外部射撃席からキャノン砲を操作することも可能だった。共和国攻撃用ガンシップの輸送型により空輸が可能という特徴を持ち、足は遅いものの迅速な展開が可能であった。帝国成立以降は多くが廃棄されるが、一部は銀河内乱以降も使用されている。
AT-PT ( All Terrain Personal Transport )
AT-AT以前に存在した二足歩行兵器であり、よく似た外見のコクピットを持つ。小型軽量の一人乗り機体で、三連装レーザー砲を装備。平地では時速60kmで走行可能で45度の傾斜も登れる。兵士をより破壊的な任務に就かせる為の兵器で、作戦能力向上を目的にしている。AT-ATの設計思想の元となった。銀河共和国時代に開発されたが、実戦には未投入となった。スピンオフ作品に登場した際は、カタナ艦隊に配備されるも行方不明になる。帝国では小規模部隊に配備される。反乱軍が基地より奪取し使用するエピソードもある。
AT-ST ( All Terrain Scout Transport )
AT-ATより小型で小回りが利く。AT-XTの簡易量産型でもある。ホスの戦いでは戦場の雪原を走行する様子のみが描写されていただけであった。対してエンドアの戦いでは、森林戦ゆえか小回りの利くAT-STが多数(劇中で確認できるのは4機)投入されイウォーク達を苦しめた。装甲と言えるほどの装甲は持たず、耐久力ではAT-ATに及ぶべくもない。さすがに投石程度ではダメージを受けなかったが、イウォークの巨木の丸太を用いた原始的な罠によって2機が撃破されている。さらにこの戦いではチューバッカとイウォークが一機を奪取して乗り回しており、操縦は難しくないようである。奪取された本機は残る一機をレーザーキャノンで撃破し、さらに帝国軍歩兵部隊を掃討。そしてハン・ソロは本機からの偽通信でバンカー内部に篭城する帝国軍残存部隊をおびき出してゲートを開けさせ、勝敗を決した。被弾した機体は木っ端微塵に爆発し、薄い装甲に比してかなり高い攻撃力を持つ。
AT-RT ( All Terrain Recon Transport )
AT-STよりさらに小型で、警戒及び偵察用。コックピットがむき出しの状態であり、操縦するパイロットは無防備であるがその分視界には優れ、偵察任務に適した機体である。また、サーチライトも装備されており、夜間においても行動が可能。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』では、オーダー66から逃れたヨーダを捜索するシーンに登場。
AT-XT ( All Terrain Experimental Transport )
偏向シールド、連装レーザー砲、迫撃砲を搭載した高性能機種。高コストで一部部隊のみに配備された。後に退役。

 続々とローグ・ワン情報も出てきましたね。ロンドンで行われるスターウォーズ・セレブレーションでは予告編の第二弾も公開されるのではないでしょうか。ローグ・ワンまであと200日〜。近づいてきたぞ〜。

スターウォーズシリーズの復習にどうぞ

f:id:jonie:20150912220504p:plain

スターウォーズファンやにわかファンの方必見!只今スターウォーズ全シリーズをU-NEXT などの動画配信サービスにより楽しむことができる。これによってスマホタブレットでエピソード1~6を総復習が可能になった。そして今なら31日間の無料トライアル実施中だ↓

映画観るなら<U-NEXT>

▼dTVでもep1〜6まで総復習できる。月額500円のサービスでこちらも初回31日間は無料だ↓

▼これまでの投稿の中からSNSでよく取り上げていただいた考察記事が一覧でまとめてあります。お時間のある時にとうぞ↓

f:id:jonie:20160210221533p:plain

 ▼ローグ・ワン関連の記事がまとめてあります。お時間のある時にどうぞ↓

f:id:jonie:20160223211909p:plain

スターウォーズの相関図がまとめてあります。エピソードごとの相関図や家系図など↓

f:id:jonie:20160223213655p:plain

 <編集後記>

ここ最近レイとポー・ダメロンの関係について書き続けてるんだけどあまりにも微妙すぎてまだ公開できず。。。もうちょっと寝かせます。

 

 

 ー関連記事ー 

johnie.hatenablog.com

johnie.hatenablog.com

johnie.hatenablog.com